7月 15

【海上保安庁】大型巡視船2隻導入を検討 遠洋での活動考慮

Posted by on 7月 15 2009 at 04:55 pm

海上保安庁進化論―海洋国家日本のポリスシーパワー
海上保安庁進化論―海洋国家日本のポリスシーパワー
価格: ¥ 1,575

1 :関西直撃三文字φ ★:2009/07/15(水) 21:19:33 ID:???0
海保、大型巡視船2隻導入を検討 遠洋での活動考慮

 海賊対応や北朝鮮の船舶検査など、遠洋での海上保安庁の
役割が広がっていることを受け、海保は大型の巡視船2隻を
新たに導入する検討を始めた。岩崎貞二長官が15日、
会見で明らかにした。

 1隻約350億円。一部費用を来年度予算の概算要求に
盛り込む方針だ。

 海保が現在保有する巡視船の中で、遠洋で長期間活動ができるのは
「しきしま」(6500トン、全長150メートル)1隻のみ。
ソマリアの海賊対策では、しきしまの出動を求める声もあった。

 岩崎長官は今回の新造計画について、「ソマリアへの派遣は
視野に入れていないが、海保は多様な脅威に対応する必要がある」
としている。

※元記事: http://www.asahi.com/national/update/0715/TKY200907150315.html
朝日新聞 平成21年07月15日

Comments are closed.